ロゴ
HOME>口コミ>美術品買取で大切なことを学ぼう【売ったことのある人の声】

美術品買取で大切なことを学ぼう【売ったことのある人の声】

女性

美術品買取をしてもらいたいのであれば、査定額がアップするコツを把握しておくべきです。そうすることで納得する金額で取引をすることができます。今回は、業者に買取してもらった人の口コミを紹介します。

この話題の口コミ

綺麗にほこりなどを払っておくといいね

美術品買取で大切なのは、業者では買取後に中古販売するため、汚れなどはマイナス評価になりやすいってことです。広島にて美術品を少しでも高く売りたいのなら、綺麗にほこりを払ってから査定してもらいましょう。実際、そのままの美術品と綺麗にしてから出した複数点の美術品は、数百円から数千円の差額が出たほどです。私自身、絵画とかアンティークドールなどをコレクションしていますが、ディスプレイしていたらほこりがついてしまいます。でも、繊細な作りだから、壊してしまわないかと心配になり、手入れ不足になりがちでした。細部まで精巧な美術品は、特に汚れが溜まりやすいから、普段からこまめな手入れを行っています。美術商に行く前には、柔らかいハケでほこりを払い落とすことがおすすめで、傷つけず簡単なので、我が家には常備しています。注意したいのは、力の入れすぎで、綺麗にしすぎるのも美術品として価値が落ちることもあるので、払える程度、落とせる程度で綺麗にしておくのがいいですよ。
(60代 女性)

普段から綺麗に保管しておくと売ったときも状態が良いよ

しまいっぱなしにしていたり、そのままディスプレイしていると、いつの間にか汚れやベタつきが付いてしまっていることがありませんか。美術品っていうのは、普段から手入れを行うことで綺麗さを保つことができますが、面倒さもあるから、僕の場合には保管方法を工夫しています。例えば、ディスプレイケースに入れるだけで、ほこりや汚れを防ぐことができるので、美品状態を維持できています。絵画などは湿度も重要ですから、高温多湿にならない暗い場所に保管しています。広島でも、美術品買取が利用できますが、査定では綺麗な状態が買取価格に影響してしまうので、保存状態が良い品はより高く売れますよ。売ることを考えて美術品を購入するにしても、箱に入れたまま、綺麗な状態で保管してさえいれば、売る時もその状態がキープできているから、納得できる買取に繋がるとも思えます。
(40代 男性)